SiteMap

新たな事業に参入するラベルなどの印刷業界

インク

昨今は電子書籍のニーズが増え、広告もデジタル化が進んでいます。そのため低迷しているのではないかと誰もが思うラベルなどの印刷業界ですが、大手の印刷会社を見てみると思ったほどにダメージを受けていないように思います。これはなぜかといいますと、確かに印刷業はあまり芳しい数字を残せていないようなのですが、その他で補っているのです。新たな分野に参入しているのですね。なかには印刷とあまり関係がないのではないかと思うようなものもありますが、未知の分野に参入するのもまた勇気のいる行為ですので、きっと様々な知識や経験が結集しているのでしょう。勿論印刷業に関わりのある事業にも参入しています。その最たる例が電子書籍ですね。電子書籍の配信サイトの運営を開始したり、電子書籍を読むことができる電子リーダーの開発をしたりといったように敵と行っても過言ではない電子書籍への歩み寄りを果たしている印刷会社もあります。印刷業界に限ったことではないですが、新しい物を否定するだけでなく、しっかりと享受して新たな糧とするのはとても重要な行為であると言えるでしょう。印刷における画期的なビジネスを生み出すのか、それとも新たな事業へと参入するのか、今後の印刷業界の動向に注目したいところです。

印刷業界の今後について


電子書籍が私達の日常生活の中に浸透してきています。電子書籍のメリットは定価が通常の書籍よりも安価であること、ダウンロードするので置き場所に困らない上に、品質の劣化が通常の書籍よりずっと少ない点などが挙げられます。ですがデメリットも存在し、紙媒体の書籍よりも読むのに目が疲れてしまう点と古本屋に売るといったことが出来なくなる点です。ですがパソコン専用の眼鏡なども登場し今後は印刷業界の規模は縮小していくものと予測できます。これまで印刷されていたモノが印刷されなくなるのですから、仕方がないということが出来ますし、時代の流れということが出来るでしょう。例えば年賀状などもメールにとって代わられてかなり枚数が減ってきているそうです。印刷業界も書籍だけではなく様々な情報がネットで見ることが出来る時代なので新聞、雑誌、コミック、小説など様々な分野での規模縮小が既に行われつつあると思われますし、その勢いは加速していくでしょう。紙媒体での記録というのはパピルスを使用したモノ、竹の皮を使用したモノから始り現在に至りますが、今後はそれをネット上の情報として印刷する事の必要性が失われていくものと思われますし、そう思うと本好きの私としては少し寂しくも感じます。

印刷業界の未来


近年、印刷業界は先細りとなりつつあります。主な原因は紙媒体の電子化による、ラベルなどの印刷物の減少です。たとえば本が電子書籍へ、カレンダーや手帳はスマートフォンのアプリへ、書類はPDFで社内共有化へなど、今まで紙で賄われていたものが次々とデジタルに移行しています。
またラベルなどの印刷技術が発展したことにより、下請けを使わず大手印刷会社がほとんどの作業をオールインワンで行えてしまうことや、機械が良くなったことでコストが安くなったことで大手印刷会社が印刷料金を下げてしまい、機械を導入できない小さな会社は価格競争に参戦できず業績を伸ばせないなどの現状もあります。そんな中でラベルなどの印刷業界が息を吹き返すためには、紙媒体の電子化に伴う新たな戦略が必要です。
たとえば書籍であれば紙媒体と電子書籍別々のメリットを設けたり、特殊印刷を施すことで紙媒体でしか楽しめないメリットを打ち出したりと、「紙であること」に重点を置いたラベルなどの印刷物を顧客に提案していく必要があります。今は駅貼りのポスターですら液晶画面が使われ、デジタル化されている時代です。そういったデジタル技術と紙媒体の持つアナログ技術を上手く融合させて新しいものを生み出していく創造性があれば、印刷業界も少しずつ上昇に向けて変わっていけるのではないかと思います。

好きなデザインのラベルの印刷をお願いするならコチラの会社が一番!「アドプリント」

LATEST INFORMATION

2017/10/24

電子書籍事業に活路を求める印刷業界

インターネットの普及、活字離れの影響で出版印刷、商業印刷ともに縮小傾向にある印刷業界ですが、印…

MORE ▶

2017/10/24

印刷工場の繁忙期は忙しすぎる

私は数年前までいわゆる「同人誌」を重点的に扱う印刷工場に勤務していました。さて同人誌という言葉…

MORE ▶

2017/10/24

印刷業界はネットからの影響が強い事実

近年では紙の使用が重要になっているので印刷にも注目が集まっています。一般的に印刷業界では必要な…

MORE ▶

2017/10/24

安くて便利な印刷通販

今は買い物をするのもゲームをするのも、そのほとんどがインターネット上で出来るようになっています…

MORE ▶

MENU